アットナイス > 株式会社アットナイスのスタッフブログ記事一覧 > 防音性の高い賃貸を選ぶには?壁から音を遮断して一人暮らしを最適に!

防音性の高い賃貸を選ぶには?壁から音を遮断して一人暮らしを最適に!

アパートやマンション暮らしが多い一人暮らしの方にとって、壁の薄さから伝わる騒音などに悩まされることは多いでしょう。

また、自分の生活音も隣に響いているか気になってしまい、ストレスの原因になることも考えられます。

プライバシーや騒音被害の不安を解消する為には、防音性の高い賃貸物件を選ぶ事がベストですが、具体的にはどのような物件が防音性の高いお部屋と言えるのでしょうか。

今回は、防音性の高い物件を選ぶポイントについて解説致します。


一人暮らしに大切な防音性 建築構造について


防音性を重視する際、お部屋選びに大切なポイントはまず、防音性の高い建築構造を選ぶことが重要です。

建築構造には、主に「木造」「鉄骨」「鉄筋コンクリート」の3種類がありますが、最も防音性に優れている建築構造は鉄筋コンクリートです。

鉄筋コンクリートは、建物全体の骨組みにコンクリートが流し込まれているので、壁の密度が高く遮音性も優れています。

日ごろの生活音が周囲の部屋に漏れる心配はかなり減るでしょう。

逆に、木造建築は気密性が低い分、防音・遮音性も低いです。

木材によって通気性が良くなっている反面、音も通しやすい構造となっています。

騒音被害を避ける為には、なるべく木造建築は避ける事をオススメします。


一人暮らしに大切な防音性 静かな環境


一人暮らしの方が単身者向けの物件を選ぶ際、どうしても利便性を重視して駅や繁華街から近い部屋を選びがちです。

防音性を重視するのなら繁華街や駅など人が集まる場所は基本的に避けた方が良いのですが、最も避けるべき場所は幹線道路沿いのお部屋です。

高速道路やバイパスなどは電車と違い、時間を問わず深夜でも大型自動車などの音が室内まで響きやすくなっています。

 

また、騒音を避ける為にはお隣さんや上下階の部屋にどんな人が住んでいるのかチェックする事も大切です。

子供のいる家庭やペットなどを飼っている人なら、大きな音が出やすい可能性も高くなりますので、内見の際に不動産会社に確認する事をおすすめします。


一人暮らしに大切な防音性 静かに暮らす為の工夫


木造建築が多いアパートは、どうしても壁が薄くなる事が多くなってしまいます。

ですが、自分で「家具の配置を変える」「隣り合う部屋が少ない角部屋を選ぶ」等の工夫をする事で、防音性を高める事も出来ますよ。

隣部屋に面している壁に本棚を置いたり、ベッドを壁から離れた位置に置くなどしてみましょう。

 

上野のオススメ物件

※掲載している物件情報は、201842日時点の情報です。

スターライト浅草

賃料/7.8万円 間取り/1

こちらの物件は鉄筋コンクリート造となっているため、防音性が気になる方におすすめです。


まとめ


防音性の高い賃貸物件を選ぶ為のポイントをまとめました。

静かな環境や建築構造等を把握して、より隣の部屋の音を遮断する為に工夫をする事で、騒音の少ない静かな室内環境が得られるでしょう。

 

上野には防音性の高いオススメの賃貸物件が多く揃っていますよ。

上野で賃貸物件をお探しの方は、ぜひ株式会社アットナイスまでお問い合わせください。

理想のお部屋が見つかるように、上野のことをよく知るスタッフが皆様のお部屋選びをお手伝いいたします

≪ 前へ|一人暮らしに快適な三ノ輪駅周辺エリア 住みやすさについて解説!   記事一覧   入谷駅周辺の住みやすさ!一人暮らしにオススメの賃貸物件も紹介します|次へ ≫

トップへ戻る